記事の詳細

美容のプロたる美容師の仕事はただ顧客の髪の毛をカットするだけでなく、お店オリジナル商品のシャンプーやリンス、美容クリームなどをセールスすることも大切な仕事です。しかし、美容師という仕事を職人仕事と考えている方は多く、店内でのセールスに抵抗のある美容師が多いのも事実です。上村親志もそうした美容師の一人と言えます。

■幼い頃は髪を切るのは母親
上村親志は中学校を卒業するまで美容室などで髪の毛を切ったことがないそうです。それは決して近くに美容室がないというわけではなく、経済的な理由から美容室などに行くことができなかったのです。周囲のクラスメイト達がみなこぞって美容室でカットして貰っている中、彼はずっと母親の手で髪の毛を切って貰っていました。彼が美容師を目指そうと考えた根本はここなのではないでしょうか。また、できるだけお客さんにお金を使わせたくないという考えもこうした少年時代があったからと言えるでしょう。

■明るい性格のムードメーカー
上村親志は学生の頃から明るいムードメーカーでした。そんな彼の周りには自然と人が集まってきましたし、彼を信頼している生徒も沢山いました。彼はとにかく楽しいことが大好きな性分で、常に笑顔を絶やさないことから女子生徒からもモテたそうです。バレンタインには沢山のチョコレートを貰っていましたし、誕生日になるとこれまた沢山の女子生徒からプレゼントを受け取っていました。それでも彼が他の男子生徒から妬みの対象とならなかったのは彼の人柄がなせる業でしょう。

■本当に必要なものだけ進める
美容師である彼は店長からお店自慢のシャンプーやコンディショナーを販売するよう言われているようですが、そうした言いつけをことごとく無視しているようです。しかし、ただ販売しないというだけではなく、お客さんにとって本当に良いと思える商品についてはしっかり説明したうえで勧めています。やたらとなんでも売ろうとするのではなく、その商品を購入することでどのようなメリットがあるのか、ということについてもしっかり説明してくれるため、お客さんも買ってくれるのでしょう。

彼の勤める美容室の店長も最近では彼のセールススタイルに対して何も言わないそうです。実際、それほど沢山の売り上げがあるわけではありませんが、彼のことを慕ってお店にやってくるお客さんも多いですし、指名率はトップクラスなのですから、そうそう迂闊なことは言えないのでしょうね。

信念を貫く上村親志

このように本当に子供のころから美容室になるための素質があった上村親志は、幼い時期は母親から髪の毛を切ってもらっていました。本当に大変な思いをしていたからこそ美容師になりたいと思える気持ちを作り出してくれたのが、その大変な思いをしたからなのです。もし経済的に恵まれていれば幼いころから不自由なく生活をしていたならば普通の人生を送っていたのかもしれません。本気で素晴らしい美容師になった上村親志の根源には本当に美容師になってやる!という強い思いがあったから今の自分を表現することができるのです。

経済的に厳しい家庭で育ったとしても学生の頃から性格は明るくて社交的な性格だったのも美容師の職業には合っているので、日頃の笑顔を絶やさない素敵な好青年だったために女性からも人気だったようです。彼が美容師になってからもしっかり自分の気持ちを持ち続けて、自分の信念を貫いて仕事に取り組んでいるので、自然と美容師としての指名率もトップクラスになるようです。上村親志はこれからも必ず過去の悔しさを忘れないで自分の意思を貫いて美容師という職業を全うするでしょう。そして必ず日本一の美容師の腕前で多くのお客様に素敵なへアスタイルを提案し続けます。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る