記事の詳細

藤村善行は料理好きです。普段は忙しいので週末料理するのが楽しみの1つとなっています。月に2・3度は自宅で料理をします。家族にも好評であり、土曜日の夜がそうした機会が多い日です。では一体どういった料理をするのかというと、いわゆる男の料理系が多いといいます。まずはカレーライスです。カレーは定番中の定番ですが、いろいろな野菜をいれたり工夫しているので、お店のカレーよりもおいしいと家族からは評判です。カレーのときは、カレーを作りならがビールを飲みつつ、その後カレーを食べるといった習慣がなされています。

次に藤村善行がよく作るのがチャーハンです。実は学生時代、ラーメン屋でバイトしていた経験があってチャーハンは得意料理の1つです。チャーハンを作るときは、あらかじめ炊飯ジャーでご飯を硬めに炊くのがコツだそうで、ご飯炊きからチャレンジすることがほとんどです。ご飯が炊けたら、たまねぎやベーコン、卵などを加え子供食べやすいチャーハンにしました。またスープも作っておきます。スープについてもその日によってまちまちですが、チャーハンにあわせてコンソメ系のスープが多いといいます。

チャーハンですが塩辛を入れて作ることもあります。塩辛を入れると塩気があり、またちょっとしたイカのチャーハン風味になるそうです。
藤村善行の得意メニューはこれだけではありません。餃子についても得意料理の1つです。ラーメン屋で餃子についても作っていたため、作り方をマスターしておりお店顔負けの餃子を作ることができます。レシピは極秘ですが、ポイントとしてはにんにくを使わずしょうがを使うのがコツだそうです。にんにくはにおいが気になるため、使わないよう工夫を凝らしています。妻もこれならと安心して食べることができるそうです。1回に50個近く平らげてしまうのだとか。とにかくおいしいと家族から評判です。

また藤村善行はラーメンについてもこだわりがあります。スープから自家製で作るほどです。これもラーメン屋でバイトした経験から作っています。自称「△○飯店(昔のバイト先)よりも自分が作ったラーメンのほうがおいしい」と豪語するほどです。ラーメンはアレンジされており、もやしなどやさいたっぷりラーメンとなっています。子供たちは特にラーメンが好きなので、このメニューは大喜びです。
藤村善行はこのように週末は料理の腕をふるっています。家族の笑顔が何よりの財産だと語るその笑顔はまたとても魅力的です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る